殺菌消毒に使える安全な電解次亜水


殺菌消毒が求められる時代

ちまたではなにかと殺菌消毒がもてはやされています。

キッチン、お風呂、トイレの掃除では、塩素系の殺菌消毒液を使っているのが通常です。

塩素系のものは効き目がありますが、刺激が強くて人間にはあまり良くないと言われています。
天然のものでは重曹やクエン酸が良く使われますが、殺菌力が今ひとつという人もいます。

そんな人には電解次亜水がいいかもしれません。

スポンサーリンク
info-collegeレクタングル大

電解次亜水という殺菌剤

電解次亜水は塩水の電気分解で作られる水で、プールの水のような臭いがします。

濃度が低いものならば人体に無害であり、安全性が確認されています。

電解次亜水は低い濃度であっても、あらゆる雑菌やウイルスを、わずか1分以内に撃滅できるほどの強さを持っています。それでいて、有機物に触れると分解し、単なる水に戻る性質があるのです。

だから仮に電解次亜水を口の中に含んでも安全です。歯科では歯周病や虫歯の治療にも、普通に使われています。

たとえばキッチンやお風呂で電解次亜水を使用することによって、カビ除去剤と同じくらいの効果を得られます。

まな板、赤ちゃんの哺乳瓶などに使ったり、頭皮にかければ雑菌を消滅、口臭予防に使うこともできる万能さです。

電解次亜水を手に入れる方法

自宅で作るなら、電解次亜水生成器を購入することです。

最近は1万円を切る小さな生成器が販売されていて人気です。

大量に作ったり、濃い濃度が必要なら、数万円以上のの生成器を選ぶ必要があります。

また、電解次亜水をボトルで購入することもできます。数週間から1ヶ月なら効き目が持続すると言われています。

興味があるかたは電解次亜水を取り入れてみましょう。

スポンサーリンク
info-collegeレクタングル大
info-collegeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする