水虫はお風呂でうつる?正しい感染予防法とは?


水虫になると、かゆみや皮向けなどの症状が出ますが、自然に症状が収まる時期もあり、治療せずに放っておく人も多いようです。

水虫は感染する病気ですので、水虫の人と接することで水虫になってしまう可能性があります。

水虫の原因や正しい感染予防の方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク
info-collegeレクタングル大

水虫の原因菌

水虫の原因となるのは白癬菌です。

白癬菌はカビの一種ですので、高温多湿の環境を好み、条件が揃えば長い期間生き続けます。

そのため、お風呂場のマットや足を拭いたタオル、サンダルやスリッパを共用することで感染する可能性があります。

ただし、白癬菌は皮膚24時間以上くっついていないと定着しません。

皮膚についても水で簡単に洗い流されるため、一日1回お風呂やシャワーで体の汚れをきちんと洗い流していれば、水虫に感染する可能性は低いでしょう。

お風呂のお湯を介して感染することもないため、水虫の人と同じお風呂に入ったからといって感染することもありません。

また、洗濯物を一緒に洗っても同じく白癬菌は洗い流されるため、他の人に移ることはありません。

水虫の正しい感染予防法

水虫はお風呂の中でうつることはありませんが、お風呂の足拭きマットを介してうつることは十分ありえます。

家族に水虫の人がいる場合は足拭きマットを共用するのはやめたほうがいいでしょう。

また、バスタオルを使い回すのもやめましょう。

しかし、仮にこの時白癬菌が自分の皮膚にくっついてしまっても、24時間以内にきれいに洗い流せば感染することは考えられません。

ですので、まずは毎日お風呂に入ってきれいに足を洗うことを心がけましょう。

また、一日中同じ靴を履いている人は水虫になる可能性が高くなります。

足が汗をかき靴の中が蒸れると白癬菌の生存条件が揃うからです。

可能ならば、職場で靴を履き替えるか、常に履く靴を2足用意し、交互に履いてしっかり乾燥させるようにするなどの対策をとりましょう。

また、もし水虫が疑われる場合は、きちんと医師の診断を受けた上で塗り薬を患部に塗ります。

白癬菌はたとえ症状が消えても1ヶ月間は皮膚の中に潜伏していますので症状がなくなってからも1ヶ月は薬を塗り続けてください。

症状が良くなったからといって治療をやめてしまうと、再発を繰り返してしまい、良くなりません。

まとめ

水虫は白癬菌というカビの一種が原因で、お風呂のマットやバスタオル、サンダルやスリッパを経由して他の人に感染する可能性があります。

しかし、定着するのに24時間かかると言われ、毎日お風呂に入ってきれいに足を洗うことで、感染を防ぐことができます。

また、白癬菌は湿った場所を好みますので、お風呂から上がったら足の指の間をよく乾かすようにしてください。

スポンサーリンク
info-collegeレクタングル大
info-collegeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする