汗腺トレーニングがわきが予防になるって本当?

a2addf493eae6908e858af66cc780bfc_m
汗腺トレーニングはわきが臭で悩む人の汗のニオイをやわらげる効果があります。

わきが臭と不健康な汗のニオイは別物だということを、ご存じでしたでしょうか。

この両方が混ざったときに、ニオイがキツイと感じてしまう人が多いようです。

わきが体質の人が汗腺トレーニングをすると、不健康で嫌な汗のニオイを予防できます。

自分がわきがかも?と悩んでいる人は、ぜひ汗腺トレーニングをやってみてください。

スポンサーリンク
info-collegeレクタングル大

汗腺トレーニングのやり方

①お風呂に2~30cmの熱めのお湯を張ります。

お湯の温度は43℃くらいにしてください。

②ひじから先、ひざから先の手足を、熱めのお湯につけます。

このとき体全体はお湯につけないようにします。

四つ這いの格好をするか、風呂用のいすを湯船にセットして腰かけるとよいでしょう。

③10~15分、手足を温めます。

④ゆるいお湯を足して、浴そうに38℃くらいのぬるま湯を張ります。

半身浴を10~15分して、心身をリラックスさせて仕上げます。

汗腺トレーニングの効果は?

汗腺トレーニングでは、主にエクリン腺のはたらきを正常に戻すことを目的としています。

このエクリン腺という汗腺のはたらきが低下していると、ニオイの強いベタベタした汗がでるようになります。

このベタベタ汗のニオイは汗の質が低下しているから臭うのであって、わきが体質の人のわきが臭とは別のものです。

ただしこの両方がミックスされるとニオイがひどくなったように感じてしまいます。

自分はわきが?と悩んでいる人の中には、わきがのニオイではなく、機能が低下したエクリル腺から出た汗のニオイに悩んでいる人もいます。

エクリル腺は誰でも持っていて、全身に広がっています。

汗腺トレーニングでエクリル腺を鍛えることで、汗のニオイが正常化します。

汗をかきやすい夏場にわきがのニオイで悩む人は、にぶっているエクリル腺のはたらきを活性化させましょう。

わきが臭の正体はフェロモン

わきが体質かどうかは、アポクリン腺という汗腺が多いかどうかで決まります。

全身に広がるエクリル腺とちがい、アポクリン腺はわきの下、デリケートゾーンだけにあります。

人間の進化の過程で限られた場所にだけ残され、退化していったのです。

わきが臭はきれい好き無臭好きの日本人には嫌われる傾向にありますが、もともとは異性を誘うフェロモンのようなものです。

思春期にわきがの臭いが強くなり、老化とともに臭いが衰えていきます。

わきがは病気でも異常でもありません。

しかしわきが臭で悩む人が多くいるのは事実です。

実際には大してわきが臭があるわけではないのに、誰かに指摘されたことがあるなどの理由で気にしすぎてしまう人も多くいます。

外科手術でアポクリン腺を減らすこともできますが、手術の前に汗腺トレーニングを一定期間行ってみることをおすすめします。

わきがの臭いだと思っていたのに、機能の低下したエクリル腺からの汗の質が悪いからにおうのかもしれません。

汗腺トレーニングがわきが予防になる?のまとめ

汗腺トレーニングを行うと、アポクリン腺からのわきが臭なのか、機能の低下したエクリン腺からの臭いなのか、原因がわかってきます。

手足を熱めのお湯につけて、全身のエクリン腺の発汗作用を取り戻しましょう。

「悪い汗」から「良い汗」にかわってくると、わきがの臭いもそれほど気にならなくなるかもしれません。

汗腺トレーニングは効果が出るまでに数か月かかるので、春になったら始めるようにしましょう。

スポンサーリンク
info-collegeレクタングル大
info-collegeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする