ダイエットの停滞期にドカ食いをするべき理由

4277550e2f189718812cd2b955298eee_m-min
ダイエットをしていると必ずと言っていいほど停滞期が訪れます。

この時期にどか食いするなんて、もってのほかと思われがちですが、意外なことに停滞期をくぐりぬけるきっかけになるというのです。

スポンサーリンク
info-collegeレクタングル大

停滞期が訪れる理由

ダイエットを続けていると、摂取カロリーが減るので体はエネルギーを作り出すために脂肪を燃やし対応します。

その結果、体重が落ちてくるわけですが、そうなると、人間の体は省エネモードにすることでこの「飢餓状態」をしのごうとします。

これは、体の防御反応のようなもので、その結果、停滞期が訪れるのです。

どか食いがいい理由

この状態の時にどか食いをすることで、体は飢餓状態が解除されたと勘違いします。

すると、省エネモードが解かれ、また体重が落ちやすくなります。

ダイエットや肉体改造をしている人の間では「チートデイ」とも呼ばれます。

チートとは騙す、という意味で、どか食いをすることで、「飢餓ではないから、安心して脂肪を使っていいよ」と体を騙すのです。

また、定期的にどか食いをすることでダイエットのストレスを緩和し、ダイエットを持続できる、という利点もあります。

ただし、きちんとカロリー計算をして、ダイエットを継続している人以外は、どか食いをしても効果がないと言われています。

また、体脂肪率が、高すぎる人も同様です。

どか食いで、停滞期を脱出できるのは、ある程度、ダイエットの結果を出し、体脂肪率が、男性で25%、女性で35%以下の人だと言われています。

どか食いの方法

ただし、これを行うには一定の決まりごとがあります。

体脂肪によって、どか食いの頻度は変わる

体脂肪25%(女性30%)…15日に一度

体脂肪15%(女性25%)…10日に一度

体脂肪10%(女性20%)…7日に一度

以上を目安に行ってください。

どか食いは1日だけ

いうまでもなく、どか食いは1日だけのものです。

食べる喜びを思い出し、翌日も食べたくなりますが、翌日はむしろ増やしすぎたカロリーを調整するくらいの気持ちで臨みましょう。

どか食いで許されるカロリーは決まっている

どか食いで食べる目安は、普段の食事の1.5倍~2倍、体重×40kcalを目安にしましょう。

カロリーは、なるべく炭水化物や糖質の量で増やすようにします。

食べ過ぎたら翌日に調整

もしも、どか食いの日に上記のカロリーを超える量を食べてしまった場合は、翌日、カロリーを調整します。

この時は、逆に炭水化物を減らすようにすると、ダイエットの効果が上がると言われています。

ダイエットの停滞期に行うどか食いは、きちんとカロリー制限を継続し、ダイエットの効果を出していることが前提となります。

停滞期は体の持つ防御反応でもあり、正常な反応とも言えるますが、どか食いの日を取り入れることで、停滞期を乗り越え、ダイエットを続けることができます。

スポンサーリンク
info-collegeレクタングル大
info-collegeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする