肝臓機能を回復させる食べ物と必要な期間とは!?


お酒をよく飲まれる方にとって「肝臓」の機能低下は気になるところですよね。

そこで今回は「肝臓の機能を回復させる食べ物」と「回復のために必要な期間」についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
info-collegeレクタングル大

肝臓の機能を低下させてしまう原因とは?

肝臓は機能が低下しても症状が表に表れにくい臓器としても知られています。

そこで毎年の健康診断の際の血液検査は徹底して受けるようにしましょう。

また、肝機能の低下はアルコールが原因となって引き起こされる可能性が高いとされています。

過度な飲酒は肝臓を弱らせてしまいますので、適量を心掛けましょう。

アルコールのみではなく食生活の乱れも肝臓には影響を与えます。

食べ過ぎや栄養素の偏りは肝臓に悪いため、バランスの良い適量の食事を心掛けるようにしましょう。

ストレスや睡眠時間の短さによっても肝臓を弱らせてしまうことがあります。

「正しい生活習慣で規則正しく生活をする」ことが大切であると言えるでしょう。

肝臓の機能を回復させる食べ物とは?

それでは弱ってしまった肝臓の機能を回復させるにはどうすれば良いのでしょうか?

ぜひ皆さんに取り入れて頂きたい食べ物が「抗酸化」作用や「ビタミン」を多量に含む食材です。

具体的にはブロッコリーやかぼちゃ、ゴマ等を積極的に食生活に取り入れられると良いでしょう。

肝臓の機能を低下させてしまう「活性酸素」と闘って除去する力を持っている「抗酸化作用」のある食べ物の摂取が大切です。

肝臓の機能回復のために必要な期間とは?

例えば肝臓の機能回復のために禁酒を実践したとして、どれぐらいの期間で効果が表れるのでしょうか?

肝機能の数値改善のために必要な期間は個人差があり、一週間程度の禁酒で肝機能の数値が改善するという方もいらっしゃれば、1~2ヶ月に渡って食生活や生活習慣の見直しを行って少しずつ改善されるという方もいらっしゃいます。

基本的には肝細胞の新陳代謝の関係上、1~2ヶ月間の禁酒を行うと肝機能が正常数値に回復すると言われています。

大切なことは日頃から脂肪やアルコール等の過剰摂取は控えるように心掛けることでしょう。

まとめ

◯ 肝臓の機能を低下させてしまう原因としては「アルコールや食生活などの乱れ」が挙げられる
○ 肝臓の機能を回復させる食べ物としては「抗酸化作用が多く含まれた食材」が効果的であると言われている
○ 肝臓の機能回復のために必要な期間には平均1~2ヶ月間であると言われている

いかがでしたでしょうか?

今回は「肝臓機能を回復させる食べ物」と「肝臓機能を回復させるために必要な期間」についてご紹介しました。

上記にご紹介したポイントを元に食生活を見直して頂き、ぜひ肝臓の機能を回復させてくださいね。

スポンサーリンク
info-collegeレクタングル大
info-collegeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする