二日酔いにしじみの味噌汁が効果的であるとされるのはなぜか?


ついつい飲みすぎてしまった翌日に二日酔いで苦しんだ経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

しかしそんな二日酔いの朝にもしじみの味噌汁を飲むと効果的であるとされています。

そこで今回は「二日酔いにしじみの味噌汁が良いとされるのはなぜか?」について徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
info-collegeレクタングル大

二日酔いにしじみの味噌汁が良いとされている理由について

古くからしじみの味噌汁を飲むことで二日酔いが緩和されると言われています。

実際に多くの皆さんが飲みすぎてしまった次の日にしじみの味噌汁を飲んだことがあるのではないでしょうか?

さて、そもそもしじみが二日酔いに効くとされているのはなぜでしょうか?

その最たる理由にはしじみの成分が深く関係しています。

まず、しじみには「必須アミノ酸」が多く含まれており、肝臓を保護してくれる効果が期待されています。

飲酒によってアルコールを体内に摂取すると、肝臓で摂取したアルコールを分解して排出します。

しかし過度な飲酒を繰り返し行ってしまうと、肝臓で分解できるアルコールのキャパシティを超えてしまい、結果的に肝臓にダメージを受けてしまう可能性が高まります。

アルコールの摂取のために肝臓がダメージを受けた身体は翌日の二日酔いを招いたり、身体のだるさを感じる傾向にありますので、「肝臓を修復」する効果が期待されている必須アミノ酸を多く含む「しじみ」が効果的なのですね。

ちなみにこの成分は「しじみ」と同様に「あさり」にも多く含まれていますので、あさりを摂取することも効果的です。

しじみを「味噌汁」として摂取することの効果について

それでは「しじみ」をどうして「味噌汁」として摂取することが望ましいとされているのでしょうか?

実は「味噌」にも二日酔いに効果的であるとされている成分が含まれているからです。

味噌には「レシチン」という成分を生成する役割を担っています。

レシチンを投与する研究によると、アルコール摂取に伴う肝臓の病を予防する効果が期待されていると言われています。

つまり、しじみやあさりの味噌汁には「肝臓」に優しい成分が多分に含まれており、これらが相乗的に効果を発揮した結果、二日酔いに良い成果をもたらすということなのですね。

まとめ

・二日酔いにしじみが良いとされているのは「しじみ」や「あさり」に含まれている「必須アミノ酸」による肝臓保護効果による

・味噌汁の「味噌」にも「レシチン」により肝臓に関する病を予防する効果が期待されている

いかがでしたでしょうか?今回は「二日酔いにしじみの味噌汁が良いとされているのはなぜか?!」についてご紹介致しました。

皆さんも辛い二日酔いの際にはしじみの味噌汁を飲んで元気を出しましょう!

スポンサーリンク
info-collegeレクタングル大
info-collegeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする