白菜の黒い点!正体は何?食べられるの?


鍋料理や漬物などには欠かせない白菜。

和・洋・中と何にでも使えてお料理には大活躍ですが、白菜の葉っぱに付いている黒い点、一体何だろうと気になったことはありませんか?

洗っても落ちないこの黒い点、食べられるものなのでしょうか。

そこで、白菜の黒い点の正体は何かについて調べてみました。

スポンサーリンク
info-collegeレクタングル大

黒い点は何?

この黒い点は白菜特有の現象で、「ごま症」と呼ばれるものです。

黒い点がごまに似ていることからそう呼ばれます。

黒い点の成分はポリフェノールで、赤ワインやチョコレートに含まれる抗酸化物質として名前を聞いたことがある人も多いと思います。

見た目はあまりよくありませんが、腐っている訳でもカビが生えている訳でもないので、もちろん全く問題なく食べられるものです。

どんな時にできるの?

この黒い点は白菜の栽培条件により出来ることがわかっています。

具体的には以下のような条件でできます。

・ 土の中の窒素成分が多すぎた

・ 栽培後、管理する時の温度が高すぎた、もしくは低すぎた

・ 収穫時期がずれた

・ 畑への植え付けの密度が高すぎた

いずれも白菜にとって何かストレスになることが起こった時に、白菜の生理的な反応として黒い点が現れますが、言い方を変えれば、この辺に気をつければ、見た目のよい白い白菜ができるということになります。

いくら「ごま症」が現れても全く問題なく食べられるとはいえ、やはり葉に黒い点が付いていれば見た目は良くありませんので、生産者サイドも気を配ってはいるようです。

黒い点は美味しい証拠

黒い点の正体であるポリフェノールには、抗酸化作用の他に、血圧降下作用や殺菌作用、抗ガン作用がありますが、黒い点のついた白菜を食べたからといって、そこまでの恩恵を受けることは難しいかもしれませんね。

この黒い点は、白菜の外観を考えると、あまり嬉しくないものですが、白菜農家の中には、黒い点がある方が美味しいという人もいるくらいで、お料理をする人と食べる人が良ければ、むしろそのまま食べた方がいいくらいです。

しかし、見た目を気にする場合はピーラーなどで表面を削ってから使うと良いでしょう。

白菜の黒い点が何かについてご紹介しました。

白菜の黒い点は白菜特有の現象である「ゴマ症」によるもので、白菜にとってストレスとなる環境に置かれると現れます。

ごま症の黒い点の成分はポリフェノールであり、全く害なく食べられるものですが、どうしても気になって嫌だという人はピーラーなどでその部分を削って食べるようにしましょう。

スポンサーリンク
info-collegeレクタングル大
info-collegeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする