耳鳴りの原因と治し方


耳鳴りと言っても種類も治し方様々なものある様で、まずそれらについて説明します。

ひとつめは『自覚的耳鳴り』と言って、本人しか聞こえない耳鳴りです。

こちらが多くの方にみられるものと言われており生理的な耳鳴りと言われ、誰にでも起こる正常な耳鳴りとされているので心配ないものです。

病気やストレスが原因で、聞こえ方に関しては高音や低音、機械音が聞こえるそうです。

二つ目は『多角的耳鳴り』と言う本人以外にも聞こえる事が可能な耳鳴りです。

この耳鳴りは筋肉のけいれんや血管病変の拍動である事が多く自覚的耳鳴りと違い原因がはっきりしていますが血管病変が原因の場合は危険な事もありすぐに脳神経外科や耳鼻咽喉科で診察を受けましょう。

多くの耳鳴りはそれ自体は他の病菌を知らせられる信号のような場合もありますのでまず耳鼻咽喉科への受信をお薦めしいます。

スポンサーリンク
info-collegeレクタングル大

耳鳴りの原因とどのようなものがあるのか

耳鳴りの原因は持病や年齢的なもの、食事などの生活習慣やストレスからくるものがあります。

病気などが原因の場合の代表的なものなら『メニエール病・高血圧・糖尿病・自律神経失調症・聴神経腫瘍(聴神経鞘腫)』などがありその症状のひとつが耳鳴りという事があります。

中高年層の方のほとんどは耳鳴りの経験があると思いますが、その原因は加齢からくるものの様で耳の奥にある「蝸牛」という機関の有毛細胞の働きの衰えなどから異常が出てきます。

老人性難聴を伴う場合もありますが、最初はほとんど自覚がなく、気付きにくいという特徴があります。

他にも検査をしても異常が見られない場合などがあり、食事などの生活習慣やストレスが原因になっている事があります。
喫煙や飲酒が多い方、コーヒーや油脂類、加工食品を摂取する事が多い方などは注意が必要です。

目にはみえませんが、ストレスや疲れが溜まっていても自律神経が乱れ、耳鳴りが起こる事もあり、その場合の症状の治し方はリフレッシュする時間を作るなどしてゆっくり休息を取る事で解決する事もあります。

耳鳴りの治し方と対処法

初めに申し上げた通り、耳鳴りにも様々なものがあります。

病気等からくるものであった場合や、耳鳴りがどうしても気に夏場合にはまずは耳鼻咽喉科の受信をお薦めします(治し方はまずそこで)。

そもそも耳鳴りの多くは病気ではなく、体の不調を表す警告のような場合があり、他の病気の予兆であることがありますので早めに原因をきちんと見てもらいましょう。

突発性難聴などであった場合は早期発見と治療により回復に大きく影響する事もあります。

特に激しい耳鳴りや長時間の耳鳴りやめまいや手足のしびれ、ろれつが回らないなどの症状がある場合はすぐに病院の受診をお薦めします。

その他にも生活習慣や体調不良からくるものもあり、その場合は『肩こり・めまい・頭痛』などの症状も出てくる事からも分かるように、治し方も日々の生活やケアなどで体質改善を図るのも有効です。

漢方薬やサプリメントの服用などなら老廃物の流れを良くするために琳派の働きをサポートする食品や栄養補助食品などを取り入れるのも一つです。

サプリメントならば『蜂の子・イチョウの葉エキス・黒酢ニンニク・ヒマワリの種』などの成分を含むものが多く、効果的です。

その他ならば、ツボ押し・食事・運動・入浴の習慣を改善し自己治癒力を高める方法もあります。

体質などによって効果が変わってくるので、体に合ったものを探してみるといいと思います。

最後に

耳鳴りそのものは病気ではなく、不調の前触れの様なものである場合があります。

そのシグナルが何を指しているのかを探して、症状にあった対策を取る事が長い目で見た健康に繋がります。

全ての耳鳴りには意味があると思って、まず向き合ってみてください。

それによって治し方は変わりますが早期発見が一番大事です。

スポンサーリンク
info-collegeレクタングル大
info-collegeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする