北方領土が返還されたらどうなる?その可能性とメリット

3534a1fcb37b3628e57dda567177e339_m-min
「北方領土問題」というと、日本とロシアの間の領土問題ですが、ニュースなどでも時々聞く言葉ですね。

現在北方領土には現在多くのロシア人が住んでおり、実質ロシアが実効支配している状態です。

スポンサーリンク
info-collegeレクタングル大

北方領土問題の歴史

北方領土に関するこれまでの経過を簡単にまとめます。

北方領土とは北海道の北東にある、歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島の4つの島々を指します。

もともと北方領土四島には日本でもロシアでもなくアイヌの人たちが住んでいましたが、度々双方から侵略を受け、1855年の日露通好条約以降、日本とロシア両国で四島を含む千島列島や樺太の領土をめぐる問題が繰り返されてきました。

日本の主張としては、「もともと四島に住んでいたのは日本人だったところを不正に侵略されたので、全て返して欲しい」というものです。

一方ロシア側としては「第2次世界大戦で勝った結果、北方四島はソ連の領土となり、それ以降現在までロシア人が住んでいる」というのが大筋のところです。

北方領土返還の可能性は?

現在、ロシアが四島を実効支配しており、ロシア化が進んでいる中で北方領土四島が日本に返還される可能性は決して高くはないでしょう。

過去の交渉の中で、それぞれの思惑が交錯し、話がこじれた面もあり、色々と難しい問題を抱える北方領土問題ですが、親日家のプーチン氏が大統領になったことでその解決はやや現実味を帯びてきました。

プーチン大統領はたびたび日本への好意を示す発言をしていますし、少なくとも2島返還には意欲を示しています。

また、日本の安倍総理も北方領土問題の解決には意欲的です。

北方領土返還時のメリット

北方領土が返還され問題が解決されれば、日本とロシアの関係は大きく改善されます。

日本では、現在停止している原発の代わりに火力発電が増え、天然ガスの消費量が増えています。

ロシアから価格の安い天然ガスを安定して輸入することができれば、経済的にも大きなメリットが得られます。

さらに、大きな経済成長を遂げ、軍事力を伸ばした中国を牽制する意味でもロシアを味方につけることは日本にとって有利です。

さらにロシア側にも大きなメリットがあります。

日本の技術力や経済力の助けを借りれば、ガスや石油の輸出に頼っている不安定な経済状況の立て直しが図れ、中国化が懸念されるシベリア・極東地域の開発に日本が参加すれば、増大する中国の影響力を抑えることができます。

もし、ロシア側が北方領土の完全支配以上にこれらのメリットを高く評価すれば、事態が好転する可能性はゼロではありません。

スポンサーリンク
info-collegeレクタングル大
info-collegeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする