事始めの意味は?事始めに良い日とは?

84c65c748fe7ffcc25dacdccac526f84_m-min
物事を始めるときに、「事始め」という言葉が使われる事がありますが、もともとはある決まったことを始める時に使われていました。

それはどんなことなのでしょうか。

また、事始めに良い日はいつなのでしょうか。

スポンサーリンク
info-collegeレクタングル大

事始めの意味

事始めには大きく2つの意味があります。

一つは「年越しの神事に関する事」を始めるという意味、もう一つは「農作業に関する事」を始めるという意味です。

年神様を迎える、つまりお正月の準備をするのが前者で、稲やその他の作物を植える準備をするのが後者です。

どちらの事を意味しているかによって、日付が変わってきます。

事始めに使われる日付け

「事始め」と対に使われるのが「事納め」です。

日本では昔から、12月8日と2月8日を事八日(ことようか)と呼び、日本の年中行事として、その2日に事始めと事納めを行っていきました。

12月8日を「事始め」とするのは、年越しの準備を始める場合です。

その場合、2月8日は、一連のお正月の行事が終わるという意味で「事納め」と呼ばれます。

また、2月8日ごろは、旧暦では現在の3月半ばごろに当たりますので、そろそろ暖かくなり農作業の準備を始めるという意味で、この日を「事始め」とする場合もあります。

そうなると、一通り農作業の工程が終わる12月8日が「事納め」となるわけです。

地域によってどちらの日付を使うかが変わりますが、片方だけ取り上げて使う場合もあります。

また、事8日の名残で12月8日に、曲がったり錆びて使えなくなった針を供養する「針供養」が行われたり、妖怪や悪神から家を守るため、厄除けが吊るされる行事を行う地域もあります。

12月13日の鬼宿日を事始めとする場合も

12月8日を事始めとするほかに、12月13日を「事始め」の日として色々な行事をする場合もあります。

12月13日は中国の占星術で使われる「鬼宿日」にあたり、この日は婚礼に関すること以外は何をしても縁起の良い日であるとされています。

そのため、江戸時代頃から正月事始めの日として広く使われるようになり、今では、すす払いが行われたり、この日にお歳暮を送り始めたりと、事始めに良い日として様々な行事が行われています。

文字通り何かを始める事を意味する「事始め」は地域によって事の指す内容が異なります。

また、その内容によって事始めに良い日を12月8日(もしくは13日)とするか、2月8日とするかが決まってきます。

スポンサーリンク
info-collegeレクタングル大
info-collegeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする